早期の対策で髪の悩みを防ごう > 髪が抜ける原因

髪が抜ける原因

薄毛に悩まされている人にとってどうすれば進行を遅らせられるか、
また少しでも改善させるにはどうすればいいのかという点は常に考えていると思います。
そこでここではなぜ髪が抜けていくのかを
お伝えしていきたいと思いますので参考にしてみてください。

これを知らなければどれだけ薄毛対策をしていても効果は出てきませんし、
無駄な時間となってしまいますからきちんと知って役立ててほしいと思います。
まず髪が生えてこなくなる原因はグロースファクターの分泌量が
加齢によって減っていくことが一番の原因で、分泌量が減る時期は誰にでも必ず訪れます。
しかしそのスピードを遅らせることは可能ですから、
まずはそのための努力をしていきましょう。

グロースファクターは10代のうちは問題なく分泌され続けていますが、
成長期が過ぎて20歳を超えると徐々に分泌量が減りはじめます。
早い人だと10代後半から20代前半で薄毛に悩まされる人もいますが、
これはグロースファクターの分泌量が関係しているからなのです。

ではどうすれば分泌量の減少を抑えることができるのかと言えば、
頭皮の血行を活発にすることです。
よく育毛剤のテレビCMで頭皮の血行を促進するというような宣伝がされますが、
これはグロースファクターの分泌量を減らさないという意味なのです。

頭皮の血行を活発にするのは、
新陳代謝を良くすることと同時に頭皮を清潔に保つことが重要になります。
以上のことを普段の生活から心がけてみてください。